FC2ブログ
自衛隊の犯罪を斬る
マイクロ波聴覚効果を応用した電磁波兵器、精神工学兵器などを解説
マイクロ波聴覚効果

ヤフーブログから引越しました

小池誠

Author:小池誠
東大卒イリノイ大博士号;所属学会 日本化学会、電子情報通信学会、情報処理学会、人工知能学会、日本生理学会、日本神経科学学会、日本神経回路学会、日本社会精神医学会、日本被害者学会

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

集団ストーカーの原理(2)

集団ストーカーの原理」というブログ記事の続きです。

集団ストーカーは精神工学兵器を多数に使用することで可能になるのですが、精神工学兵器は対人レーダーの一種になります。

1人を自動的に追跡する対人レーダーと、50人、100人を自動的に追跡する対人レーダーは異なります。例えば、人間を輸送する機械といっても、自家用車とバスでは人間が乗車できる人数、サイズ、エンジンなどが全く異なりますが、対人レーダーといっても1人を自動的に追跡する対人レーダーと、100人を自動的に追跡する対人レーダーは異なります。100人を自動的に追跡する対人レーダーには、分散処理するコンピュータが搭載されており、Aさんの信号処理と、Bさんの信号処理は並列処理されています。

集団ストーカーが可能になるのは、100人とか1000人とか10000人を対象とする対人レーダーないし精神工学兵器が用いられているからであり、このような対人レーダー、精神工学兵器には、100人、1000人、10000人のデータを分散処理する大型コンピュータが搭載されています。

対人レーダーは監視システムと表裏一体ですが、このような監視システムが日本全国に張り巡らされており、日頃から秘密裡に大量の人間を対人レーダーで監視しているのです。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する